佐伯チズ式のラップパック方法

ローションパックをする際は、3分ぐらいでつけるのが目安だったのですが、更に肌に水分を吸収してもっとプルプルな肌になりたいと思い、ローションパックを目安時間以上にしてしまうとかえって逆効果になります。

コットンに含ませた水分が蒸発することによって減少して、一度肌に吸収された水分までが、またコットンに引き戻されてしまうからです。

たとえ時間がかかったとしても、ローションパックよりも更にお肌をプルプルにさせたい時に行うのが『ラップパック』です。

ラップパックとは、ローションパックを進化させたものなんですよ。

やり方はとても簡単シンプルで、ローションパックをした上にラップを被せるだけです。
もちろん、口と鼻のところは息ができるように穴を開けます。
ラップは透明なので、目のところに穴を開けなくても視界は悪くなりません。

ラップパックをすることにより、肌の温度によってラップの中はスチーム状態となり、多くの水分を肌に吸収できて、更にプルプル肌になれるということです。

ラップパック中は、じっとしていなくてはダメというわけではなく、何でもできるのでとても手軽です。
ちなみに佐伯チズさんは、ラップパック中は毎回コーヒーを入れるのが日課だそうです。
そして、私はラップパックをしながら毎回インターネットをするのですが、熱気によってラップが曇ってしまうので少し見にくくなることもあります。

難点と言えば・・・普段メガネをかけている人は、ラップパックをした上からメガネをかけるのはちょっと難しいのです。
なので、少々面倒でも、私はコンタクトをつけてからラップパックをするようにしています。

15分位特に何もしないでじーっと待つのはとても苦痛なので、それぞれに時間を有効に費やせるように工夫して、楽しくラップパックを行うのが良いでしょう。

更にラップパックの効果を上げるには・・・入浴中に湯船に浸かりながらパックすることです。
大事な約束が翌日ある時や時間に余裕がある時には、湯船に浸かりながらラップパックすることがオススメです。

トップ > 佐伯チズ式美肌理論 > 佐伯チズ式のラップパック方法



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。