佐伯チズ式温ケア・冷ケアの方法

<温ケア>

肌全体を暖めることによってリンパの流れや血行が良くなり、肌本来がもつ機能が活性化され、スキンケア化粧品の吸収を良くします。
冬の外出の後や、夏のエアコンで手足が冷えてしまった時に試してみて下さい・・・とても効果的です。

水でタオルを濡らして、棒のようにくるくると巻いてラップで包み、電子レンジで約30秒〜1分間温めます。
タオルをラップで包むことにより、冷めにくくなります。
温めたタオルで背中や首の後ろを暖めることで、顔・指先・足先などの冷え性にもとても効果的です。

<美肌ミトン>

フェイスタオルを半分に切り、その半分を折りたたんで手のサイズに合わせます。
手のサイズに合わせたら、袋状になるようにタオルの周りを縫い合わせます。

その袋に手を入れて、親指がくる2〜3cmあたりの所に縫い目を入れると、親指の場所が安定して使用しやすくなります。
両手2つ分のミトンを作り、そのミトンを水で絞り、レンジで温めて、両手にミトンをはめて顔全体・首・肩などに当てて肌を温めます。
ツボがたくさんある耳を温めることで、さらにリンパの流れを良くしてくれます。

<冷ケア>

肌の表面を冷やして鎮静させることによって、毛穴を引き締める働きをするのが「冷ケア」です。

肌を暖める温ケアの後に冷ケアを行うことで、さらに毛穴が締まります。
これをメイクの前に行うことによって、お肌を化粧崩れしにくくしてくれます。

氷をラップで包んだものを顔の上に当て回したり、水でタオルを濡らして冷蔵庫で冷やしてコールドタオルを作り、それで顔を覆ったりします。

外出時には、デパートなどで生菓子を購入した時などに入っている“保冷剤”を使って冷ケアを行います。

保冷剤は冷凍庫で凍らせてからハンカチで包み、バッグの中に入れて持ち歩き、汗をかいた時に保冷剤入りのハンカチで汗をぬぐいます。
保冷剤入りのハンカチでこまめに汗を拭いたり、顔を冷やすことで、顔から汗をかきにくい肌質になったり、化粧崩れを起こしにくいお肌になります。
佐伯チズ美肌体験記はこちら

トップ > ローション&コットン > 佐伯チズ式温ケア・冷ケアの方法



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。