佐伯チズ式二重まぶたにする方法

佐伯チズさんが『二重まぶた』になったのは、毎日まぶたに(二重になれ!!)と、マッサージしながら念じたからです。

(念じるだけで意味があるの?)と思う人もたくさんいると思いますが、人間の細胞は、潜在意識レベルで自分の意思に影響しています。
佐伯チズさん曰く、半信半疑で念じる場合とちゃんと信じて念じるのとでは、効果も潜在意識も違ってくるそうなので、どうせやるのなら信じて念じる方がいいかもしれません。

ちなみに、マッサージには腫れぼったい目のむくみを解消する効果もあります。

私が自分で体験したのは、目を自然に二重まぶたにする方法・裏技です。
さて、次に挙げるのは私が自然に二重まぶたになった方法です。

これは、コンタクトレンズの影響で自然に二重になったので、意図的に二重まぶたにしようとしたわけではありません。

その方法とは・・・コンタクトレンズを装着するには毎日まぶたを上に引っ張っぱりながらレンズを装着します。

まず最初に知っておいて欲しいのは、人間の皮膚は伸びる組織でできているということです。

どこかの部族が30cmくらいの大きな円盤をくちびるにはめているのをテレビで見たことはないでしょうか?
このことを考えてみれば想像がつくと思いますが、人間の皮膚という組織は極端に言えば伸ばせば伸びるものなのです。
なので、私は結果的に特に何も意識するなく、“コンタクトをつける”という動作の中で毎日自然にまぶたの皮膚を伸ばしていたのです。

その結果、私が22歳位になった頃には、まぶたの皮膚が伸びたうえに、まぶたの皮が余ってしまうという状態になっていました。
そして、なんと!うっすらと二重になっていたのです。

そしてその時に、大学の友達で私と同じようにコンタクトレンズ入れていて一重だった友達がいたのですが、その友達もが薄っすらとですが二重になってきていたのです。

そして29歳になった時の運転免許証の更新で、使用する写真を撮った時に気が付いたのです。
なんと、私の目は完全な二重になっていたのです。

実家に帰省した時に、地元の友達から(整形したのではないか?)と疑われそうで心配ですが、整形をした二重まぶたとは少し感じが違って自然な感じの二重なので、説明をちゃんとすれば、たとえ疑われても問題なさそうです。

トップ > 佐伯チズ式美肌理論 > 佐伯チズ式二重まぶたにする方法



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。