リキッドファンデーションのつけ方

佐伯チズ式でのリキッドファンデーションのつけ方は、指や手のひらを使ってしっかりと肌に密着させていきます。
そして、化粧崩れしにくいベースを作りあげていきます。

ファンデーションは・・・佐伯チズさんは、肌にもとても馴染みの良い「リキッドファンデーション」を推奨しています。
それは、油分と水分のバランスが一定にとれていて化粧崩れがしにくいからです。

特に、30歳を過ぎた方は肌が乾燥ぎみになるので、リキッドファンデーションを使ったほうが良いようですね。

日焼け止めクリーム・下地クリーム・リキッドファンデーションの3種類を手のひらで混ぜ合わせ一緒につけると、忙しい時間も短縮して一度仕上げることが可能です。
日焼け止めクリーム・下地クリーム・リキッドファンデーションの比率は、それぞれ真珠大で1:1:1の割合を手のひらに取って、そこで全てを混ぜ合わせます。

全てのクリームを手のひらで温めながら混ぜると、伸びが良くなりさらに肌への密着度も高まります。
そして、化粧崩れしにくくなるという効果もあるんですよ。

リキッドファンデーションの色は、オークル系とピンク系の2色を用意して、その日その日で自分の肌の色と合わせて使い分けます。

顔色が悪い時はピンク系のファンデーションを多めにして、赤みやほてりが気になる時はオークル系のファンデーションを多めにするなど、自分の体調に合わせて2色を混ぜ合わせて使います。

全てのクリームを手のひらで混ぜ合わせたら、適量を額・鼻・両頬・あごに乗せて指で全体的に伸ばして、優しく丁寧に毛穴1つ1つに入れ込むようにして、しっかりと肌になじませます。
肌全体に入れ込んだら、手に残ったファンデーションを1度ティッシュで拭き取り、手をキレイにしたら更に手のひらと指の腹を使ってクリームを入れ込んでいきます。
佐伯チズ美肌体験記はこちら

トップ > スキンケアとメイク > リキッドファンデーションのつけ方



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。