佐伯チズ式正しい洗顔方法 ダブル洗顔は佐伯チズ式正しい洗顔方法 ダブル洗顔はダブル洗顔はダメ:佐伯チズ

佐伯チズさんが今までに出版した本のサブタイトルに、『顔を洗うのをおやめなさい!』というのがあります。

「たくさん洗顔して、常に顔の清潔を保つ」というのが、美容の中では常識だと考えている人もまだたくさんいると思います。
しかし、それは間違った常識なのです。

顔には、腸などと同じように“善玉菌”といってお肌には欠かせないものが存在しています。

善玉菌の働きとしては、紫外線や外気などからお肌を守るバリア的な役割があります。
過剰に洗顔をすることで、全く善玉菌が存在しなくなっては、逆にお肌のトラブルを招くことになってしまいます。

洗顔を過剰に行うことでアレルギーを起こしたり、キレイにしているつもりがニキビができてしまう・・・というトラブルを起こす例は、決して少なくないのです。
それに、お肌、特に顔には適度な脂分も必要があるのです。

過剰な洗顔を行うことで肌にとって必要な量の脂分がなくなってしまうと、今度は失った脂分を補おうとして皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果的に“オイリー肌”になってしまうことも多々あります。

また、皮脂には、お肌の水分の蒸発を防ぐフタの役割というのもあるので、過剰に洗顔してしまうと脂分がなくなり、お肌のフタの役割がなくなって乾燥してしまいます。

このことから、洗顔で一番注意しなくてはいけないのが、“ダブル洗顔”をすることです。

クレンジング後、さらに洗顔料で洗顔することを推奨している化粧品メーカーも多いので、注意が必要です。

メイクを落せるほどのクレンジング剤で顔を洗えば、基本的に落ちない汚れなどはありません。

ダブル洗顔をすることで、肌に必要とされる成分まで落としてしまうのはやめましょう・・・という考えをするのが佐伯チズさんです。


<佐伯チズさんの洗顔の仕方>

佐伯チズさんが行う洗顔方法というのは、洗顔料を使用しないで“ぬるま湯”だけで素洗いをする方法です。

洗顔する時も、絶対に強く顔をこすって洗ってはいけません。
洗顔後にタオルでゴシゴシ顔を拭くのも、絶対にしてはいけないのです。

顔の皮膚は、とても敏感で繊細です。
優しく丁寧に扱ってあげるのが基本なのですよ。
しかし、優しいと言っても、メイクが顔に残るようなことをしてはいけないので、クレンジングは丁寧にしっかり行って下さいね。

トップ > 肌断食と洗顔法 > 佐伯チズ式正しい洗顔方法 ダブル洗顔は佐伯チズ式正しい洗顔方法 ダブル洗顔はダブル洗顔はダメ:佐伯チズ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。