佐伯チズ式にきび・にきび跡のケア

代謝が劣る事によって、肌に老廃物が溜まりやすくなり「大人にきび」が出来ます。
「大人にきび」を防ぐために、スクラブ洗顔で週に1度は古い角質を取り去り、リンパマッサージをして『毒』抜きをします。

耳の後ろやあごの裏・・・そして、鎖骨の上などを指で軽く押すだけのリンパマッサージで、にきび・むくみ・たるみをも予防してくれるので、気がついた時に是非実行してみて下さい。
にきびで悩んでいる人の多くが洗顔のし過ぎなので、ダブル洗顔や複数回の洗顔をしばらく中止するだけで改善することが多いのです。

【 佐伯チズ式にきびケア 】

もしにきびができたら、コットンを水で濡らしてアルコールを含んでいる化粧水をコットンに含ませて、にきびのある所に軽く消毒して、にきびの周囲を指先でつまみ、芯を出します。
このときに、爪を立てて無理に芯を出そうとするとにきび跡になり色素沈着を起こしてしまうので、慎重かつ丁寧に行って下さい。

にきびの芯を出した後は、美白パックをにきびの上にして毛穴を引き締めます。
また、普段目の届かない背中にもにきびができてしまうことがあります。

しかし、背中のお手入れまでは行き渡らない方もたくさんいるのではないでしょうか。

お風呂で体を洗う際には、綿や麻など天然素材のものを使用して、肩甲骨のくぼみの部分まで隅々を丁寧に洗います。

さらに、脇の下にリンパ節があるので、それを軽くマッサージすることで老廃物を流してくれます。
これは、背中のにきび対策になります。

にきび跡の「色素沈着」には、ローションパックをして、にきび跡の部分には佐伯チズ式の「美白パック」をすると効果的です。

美白効果が高い化粧品を常日頃から使用することや、美白化粧品を使って集中ケアをするのも効果的です。
色素沈着を起こしてしまったにきび跡も、根気を待って続ければ確実に薄くなります。
にきび跡を消したい為にケミカルピーリングをする方も多いようようですが、人為的に肌表面を平らにすることで、汗と皮脂が通る道までつぶしてしまう事になり、肌全体が脂で這う状態になってしまいます。

ケミカルピーリングとは・・・肌の表面を薬品を使って削ぎ落とす治療の事です。

肌に赤みがおびたりくすんでしまったり、トラブルが起こりやすくなったり、1度治療を始めてしまうと続けなくてはいけなくなったりしてしまいます。

ピーリング治療をするのは容易なようですが、まずは自分なりのスキンケアで努力してから考えてみましょう。

トップ > 肌断食と洗顔法 > 佐伯チズ式にきび・にきび跡のケア



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。