佐伯チズ式ローションパックとは

みなさんは、どんなふうに毎日使う化粧水を使用していますか?

私は、時間がある時はコットンで顔をペタペタとやるのですが、面倒くさがり屋なので大体は軽く手でつけて終了です。
しかし、このような方法ではあまり効果的がないようです。
お肌に潤いが欲しいと思うのなら、時間をかけてコットンを使用してなじませていくのが良いようです。
ここでは、『佐伯チズ式ローションパック』の方法をご紹介していこうと思います。
準備するのは、
コットン(「佐伯チズ式」のコットンがあれば尚良)・化粧水・水です。

まずは、コットンを水で濡らした後、両手で挟んで軽く水気をしぼります。
次に、化粧水をコットンに垂らし、コットン全体に化粧水を馴染ませます。
(この時、化粧水がコットンに馴染みやすくなるように、化粧水の質はサラッとしたものを選びましょう。)
そして、繊維に沿いながらコットンを4〜5枚に分けます。
その分けたコットンを、額・鼻・両方の頬・顎の5箇所に乗せます。

コットンのサイズが小さい時は、伸びますので少し引っ張って使用して下さい。
コットンを乗せたまま3分間、そのままの状態にしておきます。
ただし、ここでの注意ポイントは・・・3分を過ぎてしまうと水分がコットンに奪われてしまい、逆効果となってしまいます。
3分経過したらコットンを外し、顔全体を手のひらを使って包み込むように抑えて、化粧水を肌にしっかりと馴染ませて下さい。

以上が、佐伯チズ式ローションパックの方法です。
手軽に出来るうえにとても経済的ですので、是非みなさんもチャレンジしてみて下さいね。

トップ > ローション&コットン > 佐伯チズ式ローションパックとは



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。