佐伯チズ式のローションパック方法

『ローションパック』・・・・・佐伯チズさんが推進する“美肌法”の中で最も有名で、最も効果があるとされている方法です。

佐伯チズさんが、かつて最愛の夫が亡くなった時は、何ヶ月も自宅に閉じこもって泣き続けていたそうです。
そうしているうちに顔も肌もボロボロになってしまい、ふと鏡で自分の顔を見た時には非常に驚いてしまったそうです。

そんなボロボロになってしまった肌を、驚くほど驚異的な力で回復させてくれたのが『ローションパック』だったのです。
お肌が抱える悩み(シミ・シワ・くすみなど)は、根気よく諦めずにお手入れを続けていれば、肌もきっとあなたの期待に答えてくれますよ。


さて、前置きを長々と書きましたが、ここで実際に行う『ローションパック』の方法をご紹介しましょう。

 1.まず一番最初に、コットンを水で濡らして軽く絞ります。
 2.そのコットンの上に、たっぷりと化粧水を垂らします。
 3.そして、顔全体に化粧水たっぷりのコットンを約3分間乗せるだけです。

佐伯チズさんは、使用するコットンは薬局などでで売られている「カット綿」を推進しています。
サイズが約14cm×7cmの脱脂綿で、これを2つに切って使います。
カットして使うので、多少大きめのコットンを使用しても何の問題もありません。

化粧水をコットンに馴染ませたら、タテに薄く裂いて顔全体をコットンで覆うようにして乗せていきます。
佐伯チズさんの教えの基本は、額、両頬(右頬・左頬)、鼻、顎の計5ヶ所にコットンを乗せていくのですが、最終的に顔全体を覆うことができれば、自己流の乗せ方でも全く問題はありません。

呼吸をする為に、口と鼻の部分には空気穴を作って下さい。
コットンを横に引っ張るとコットンが伸びて顔全体を覆えるようになるので、自分でも工夫をしましょう。
特に、肌に年齢が出やすい目元や鼻の脇などは、コットンでしっかりと覆うようにしてパッティングをして下さい。

ほんの3分間の『ローションパック』をする事によって、肌が充分に水分を含み、“ハリ”のあるお肌にしてくれます。
更に、たっぷりと水分を吸収した肌には“美白効果”もあり、一段肌が明るくなります。
この原理を例えるなら、プールなどで水に浸かって指先がふやけてしまって白くなったり、水にお米を浸すことによってお米が白くなるのと同じだといえるでしょう。

佐伯チズ美肌体験記はこちら

トップ > ローション&コットン > 佐伯チズ式のローションパック方法



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。